IRONストーブ

とうとう買ってしまいました。IRONストーブ。
画像

しかも、とても1万なんぼもするとは思えない作りのサイド扉もセットで購入。
おまけに着火剤を頂きました。
画像

本体の段ボールの中にはエビ曲がりだけ附属、煙突は付いていません。
それにしても重い、取っ手が細いので20KG以上ある本体を素手で持ち上げようとすると手に食い込んで、かなり痛いです。
画像


パーツはこんな感じ。
画像

これらがアタッシュケース内に仕舞われています。
みた感じ、きれいに黒く塗装されていますが作りは・・・ドアの噛み合いやレバーの作りなど、もう少し何とか出来なかったの?。といった感じ←個人的な感想です。

しかも がっかりはこれだけではなかった。

とりあえず組み立ててみます。
アタッシュケースの上下の蓋が天板と底板となり、4つの側面は噛み合わせて組み立てます。簡単に組み立てられます。
底板にはロストル(4つの板を井型に組み立てる)真ん中に網を置いて出来上がり。
画像


煙突部分には、小さめの火よけ(ダンパー)を取りつけて、脚を差し込めば完成。
画像


ん。扉の開く方向、正面の扉はいいとして、サイドの扉は逆開きの方がいいんだけど・・・
じゃあ、扉部分のパネルを逆さまに付ければと思ったのですが、脚を差し込む穴が逆さまにすると空いておらずダメみたいです(自分で穴を開ければいいんですが)
ちなみにサイド扉は左右どちらの面にも取り付け可能です。

空気の取り入れ口は前面下にあり、下の写真の銀色の板をスライドさせて調節します。
画像


薪を入れてみます。薪の長さは43cmほど。この大きさであれば前面ドアからも投入出来ます。
画像


画像


心配していた脚の強度も、結構頑丈に出来てて、問題なさそう。
燃焼テストは後日行うこととして、片づけ、仕舞い方は取説にあるので、その順番に仕舞えば良いのですが、1万ナンボで買ったサイド扉に厚みがあるため蓋が閉まらず。

ホントかよ?収納出来ないオプション売ってんのか?
まさかまさか入れ方が悪いだけ、仕舞う順番を変えれば大丈夫、入るハズ!

1時間粘りましたが、ダメ.........

コンパクトに仕舞えるのが売りなのに。


この件↑、販売元のWILD-1さんに質問いたしました。

サイド扉はアタッシュケース内には収納できないそうです。
ご丁寧な対応ですぐに返信も頂きました。

オンラインストアでは注意事項として記載されていたそうです。→すいません。見ていませんでした。
たぶん、同じ質問があったのだと思います。

返品もOKとのことでしたが、便利なオプションなので返品は考えていません。
でも、何とかできなかったの?。残念です。