薪ストーブでこたつ その3

今回のこたつ化準備は大変そうな感じ・・・

まず、電池式電動インパクトドライバーです。しばらく使っていなかった間に、バッテリーがイカれてしまったようです。こいつがちゃんと働いてくれないと手作業で穴あけしなければならず。無駄な体力を使ってしまいます・・・

もともと2個のバッテリーが付いていましたが、1つは充電不能、もう一個は充電しても、ねじ3つほど絞めたところで電池切れ、使い物になりません。
なので、有線でも良いのでうちにあるキャンプ用12Vバッテリーで駆動させようとするところから開始です。
もともと、インパクトドライバーのバッテリーは12Vなので丁度キャンプ用12Vバッテリーが使えそう。
あー、新しいバッテリーを買うか、手間はかかるが有線ドライバーを作るか?迷いましたが、インパクト用ドライバーのバッテリーを単品で買うとは以外に高価、そもそも格安で買った電動インパクトドライバーなので、お金をかけるつもりもありません。
なので分解します。

分解すると中には単2電池位の電池がいっぱい詰まっています。
画像

本体につながる電極を引っ剥がし、コードをハンダ付けします。バッテリーの裏側に穴をあけ、コードを通す穴をあけて、完成です。
画像


これで、大容量のバッテリーが切れるまで(そんな過酷な使い方はしないと思う)使えます。

余計な手間がかかりましたが、早速工作です。
まずは、煙突につなげる部分から、円形の煙突のフタに4か所穴をあけます。自作有線の電動ドライバー、いい働きをしています。この穴に針金でこたつホースをつなげます。でも、ここからが大変。
画像


フタの部分に熱風を通す大きな穴を作らなければなりません。便利な穴あけ工具は我が家に無いので、缶詰の缶切の要領で、どうでも良いノミを使って穴をあけます。バリがどうしてもできるので、ハンマーでたたいて平らにしたら、今度は折り返す部分のヒダをチマチマ切り分け、こたつホースにつなげます。
画像
画像

最初はフタとコタツホースの隙間埋めとして、二重煙突化の際、余ったロックウールを隙間埋めとして使うつもりでしたが、そんなことをしなくてもホースは密着しているので、このままとします。

で、接続イメージ、きれいな二重煙突にするため、隙間埋めのダブルクリップを買ってきましたが、小さすぎて意味をなしていません、でも、そんなことは気にしません。
画像


で今度は反対側、コタツがわの工作です。こちらにはPC用のファンを取り付ける予定ですが、車中泊時の換気用に買ったPCファンは超低音設計のため、そよかぜ程度、なんとなくこれじゃ駄目だと判断したオレ、強力なPCファンを買ってきました。風量は倍以上、これで駄目なら電源レス(少しは電源が必要)のコタツ化は諦めるしかないでしょう。

んで、ファンの加工、通常のPCファンは正方形のフレームで囲まれています、これをコタツホース内に装着するため、角を丸める必要があります。結構固い素材でできているようで、のこぎりで切るには手間がかかりそう。
なので、しばらく使われていなかった電動工具で削ってしまう作戦に(これが後で痛い目を見る)

さすが電動、みるみるうちに削ってくれますが、3つ目の角を削る際、思わぬ怪我、電動工具の刃に指が触れてしまい、流血。大したことはなさそうですが、今日の工作はここまで。