薪ストーブテント内設置方法

薪ストーブのテント内の設置についてです。
画像

見ての通り我が家のキャンプは座敷スタイル、やっぱ日本人だし、ごろごろできるし・・・
コールマンのリビングフロアシート320と、リビングフロアカーペット320を使っています。ヴェレーロには丁度いいサイズです。以前は半分だけシートを敷いて薪ストーブ側は地面むき出しだったのですが、地面がむき出しだと地面からの冷気で座っていると何かひんやりする感じがありましたが、全面覆うことで、冷気はだいぶなくなりました。
ただ、シートもカーペットもペラペラなので、シートとカーペットの間に断熱用の銀マット3枚を並べて敷いています。全然違います。

薪ストーブの設置については、全面お座敷仕様ということもあり、火事にならないようこんな風にしています。
カーペットの上に敷いたグレーのシートは難燃性のカーペット(ホームセンターでm量り売りしているやつ)を敷いています。
画像

薪ストーブの設置台は、コンパネを2枚十字に重ね蝶ねじで固定しています。さらに、断熱のため、コンパネの下に薪などを挟み込み浮かせて設置しています。
薪はこんな感じで置いていますが、やはり木クズが落ちるので掃除用のコロコロが必要です。

それと、マツぼっくり、キャンプ場で犬の散歩しているとすぐ見つかります。良く乾燥したマツぼっくりは着火剤として使えるほどよく燃えます。

いつも思うのですが、こいつら(犬)は一番いい場所を本能的にわかるのでしょうか?、横に伸びた煙突のそばでぬくぬくです。
画像