煙突をテントに通す方法

ご注意!
テントは薪ストーブをテント内に設置することを考えて作られていませんので、あくまで自己責任で!

煙突をテントに通す方法について、いくつか考えられますが、一番暖かいのは、煙突をテント内に張りめぐらすのが一番熱を無駄にせず効率的です。

モノポールテントのように天井に換気孔があるようなものであれば垂直に伸びる煙突をテント内に設置でき良いのですが、我が家のテントはコレなので無理そうです。
画像

なので、こんな感じでいつも使っています。

このテントを選んだ理由は、開口部が多く、いろいろな場所に薪ストーブを設置できそうなので◎と思って買ったのですが、いつも使う開口部はここです。
画像

理由は、薪ストーブをテントの隅に置くと、そこに人も犬も集まり、スペースの無駄が多い事、また、隅の方はテントの幕の傾斜が大きいので、上に立ち上がる熱気が幕に伝わりあまりよろしくなさそうなことから、できるだけテントの中央に置くようにしています。

本題から外れてしまいましたが、煙突の通し方、我が家もまだ良い方法を模索中です。
方法として
①煙突に断熱効果のあるものを使い、煙突が幕に触れても大丈夫なようにして通す方法
②煙突を通す枠を設け、煙突はそのまま、空気断熱により幕を通す方法

①については、既製の断熱煙突だけで大丈夫か?断熱用にロックウールなど巻いている方もいるが、それで本当に大丈夫?など、煙突で何回か火傷をしてその熱さを知る者としてはまだ手が出せません。
完全に断熱できるのであれば、この方法が一番良いのですが・・・。

我が家はいまのところ②の方法で煙突を通しています。
こんな感じ。
画像

3枚のコンパネを蝶番でつなぎ、使っています。なぜこの形か・・と言うと、このテント、ポールがココに、開口部(チャック)がポールに沿うようにあるので、3枚板にしないと無駄に開口面積が大きくなってしまうから(解りづらいですがそうゆうことです)

一応、地面側にはペグで固定できるよう加工していますが、傾斜地に対応していないため、まだまだ改良の余地ありです。テントの色に合わせ色を塗りましたが、んーイマイチ。
幕の固定には100均の工作用?洗濯バサミを使っています。超強力です。

まだまだ改良の余地ありです。

きれいな夕焼け富士山
画像